東日本大震災から3月11日で満10年となります。東北の同志は震災と向き合い、福光の道を歩んできました。池田先生はその一人一人の歩みを、自分にしかなし得ない「奇跡」のドラマと讃えられました。

 ここでは、聖教新聞東北版で連載中の「きせき3・11」を紹介します。人間復興の先進地と輝く東北の同志の「軌跡」をたどります。